本文へスキップ

”郷土かみのやま少年少女への機会創出” 上山ユースバンド

多くのご支援を お願いいたします!

少子化 吹奏楽部廃部に負けない!地域でつなぐ文化活動への支援

少子化(人口減少)の進行により2013年、中学校の吹奏楽部が廃部になった山形県上山市宮川学区。
生まれ育った地域によらず、合奏音楽の機会を選択できる環境の提供を目指して上山ユースバンドは、2017年に立ち上がりました。

『部活動』としては可能なことが、『地域文化活動』として展開していく場合、いくつもの「壁」が存在します。

合奏音楽をやりたいと希望する上山市内の少年少女が、より気軽に上山ユースバンドの活動に参加できる環境と、地域が目指す文化活動のカタチを築いていくため、障壁のひとつである少年少女が使用する楽器の整備に向けた購入資金を、クラウドファウンディングにより、皆様のご支援をいただきたくご案内申し上げます。

             平成30年6月
             代表実行者 相田淳一 (上山ユースバンド パステルブラスバンド主宰)

●実施期間/平成30年6月12日(火)〜7月下旬
●目標金額/500,000円
●支援金用途/上山ユースバンドメンバーが使用する金管楽器の購入資金
●ご支援のお申し込みは、こちらからお願いいたします。 運営ホームページReadyfor
●運営主体企業/山形サポート 

 ※支援金は、返礼費用や手数料にも充てさせていただきます。
 ※上山ユースバンド事務局に直接お申し込みされる場合は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
 ※山形サポートは、山形新聞、荘内銀行が主体となって運営しています。

 
ご支援お願いチラシ(表)
   
ご支援お願いチラシ(裏)
 
ご支援方法、ご支援コースについて
   





地域の子供たちが 希望する合奏音楽に参加できる 環境構築のために

平成30年5月13日に新年度追加募集を締め切った上山ユースバンドは、このたび宮川学区在住の少年少女二名を、第一期メンバーとして迎え、平成30年度の活動を開始しました。

募集期間(平成29年10月21日〜)において、初心者向け金管楽器体験ワークショップ「コルネットを吹いてみよう!」の開催や、通常練習活動を開放し、体験見学いただける機会を設けたところ、10名程度の子供たちが参加してくださいました。

上山ユースバンドの入団要項では、楽器の準備は入団者にお願いしておりますが、利用に耐え得る中程度の金管楽器は、そう気軽に購入できる金額ではないことも理解しております。そしてそのことが、入団を躊躇する大きな壁になっているのだろうと、想像できます。

通学先で活動する「部活動」では、備品楽器を使用するのが一般的なスタイルであるところも、「地域文化活動」である上山ユースバンドにおいては、克服していかなければならない壁のひとつとなっています。

希望する地域の子供たちに、可能な範囲の環境を提供し、地域で文化をつないでいくことのきっかけ作りとなる活動の構築に向けて、多くの皆様のご支援をお願い申し上げます。
                                         実行者一同

「部活動」から「地域文化活動」としての取り組みへ


人口減少、少子化
これは、これまで以上に、これからも進行するものだと思います。
そのことにより、既存の様々なシステムが成り立たなくなるのは、そうだろうなと思います。

部活動が廃部になる。
上山市の宮川学区における吹奏楽部廃部の出来事は、ほんの一例であり、全国各地で数ある中のひとつであろうと思います。

バスケや、サッカー、野球、水泳など、人気スポーツの分野であれば、地域のクラブチームに所属することで、初心者の少年少女が段階を踏んで取り組めるチャンスは、今現在も多くあると思います。

吹奏楽、合奏音楽の分野でも、ジュニアオーケストラや、ユースバンドとして、数はそう多くないとは思いますが、全国的に見ればあります。

「少子化〜部活動廃部〜地域にチャンスがない」
このきっかけによる地域のクラブチームの誕生は、まだ少ないのではないかと思います。
そして、このきっかけにより立ち上がった、初心から取り組む少年少女と、大人の愛好者が常時一緒に活動するバンド、というのは、もしかすると全国初ではないかと思います。

地域で活動する多くの吹奏楽団やブラスバンド団体が、メンバーとして求めるのは、楽器経験者。
地域に、初心者とともに歩むシステムを持ったクラブチームが、管楽器合奏の分野でも立ち上がらない限り、音楽文化のすそ野は縮小するばかりであると思います。

これからさらに進行する少子化の中で、生まれ育った地域によらず少年少女に合奏音楽のチャンスを作り出し、地域の合奏音楽文化を先細りさせないため、この上山ユースバンドパステルブラスバンドの取り組みは、課題解決のひとつになるのではと思います。

ぜひ、この取り組み全体にご声援をいただきたくお願い申し上げ、「部活動」ではない、「地域文化活動」として取り組む場合の課題のひとつである「備品楽器の整備」について、問題提起をさせていただきながらのご支援のお願いとなります。

ぜひ、期間内における絶大なるご支援と、永続的なご声援を、お願い申し上げます。

・・・そして、その取り組み合奏形態が、なぜ「吹奏楽(ウインドバンド)」ではなく、「ブラスバンド(金管バンド)」なのか。
それには明確な答えがあります。

                        2018年6月12日
                        上山ユースバンド パステルブラスバンド
                        主宰 相田淳一

上山ユースバンド

〒999-3231
山形県上山市石堂6-50-4

FAX 023-672-4711(自動応答)
お問い合わせフォーム