本文へスキップ

”郷土かみのやま少年少女への機会創出” 上山ユースバンド

上山ユースバンドについて profile

”郷土かみのやま少年少女への機会創出”
学校の部活動などで管楽器合奏の機会を得るチャンスがない上山の少年少女に対し、地域の持っているチカラにより、英国式ブラスバンドの音楽を通じて、合奏音楽を楽しむ場を提供していく活動です。

上山ユースバンド 立ち上げの思い

山形県上山市 蔵王山の麓の温泉地、人口31,000人(平成29年9月末)ほどの町です。

上山市内の5つの小学校には吹奏楽部やブラスバンド部など、児童生徒が合奏音楽を経験する環境がありません。

また、三つある中学校のうちの一つは少子化の進行などにより、数年前に吹奏楽部が廃部になりました。

・「合奏音楽を楽しむ!」という文化があることを身近に知らない。
・大きな街の子供たちがやる文化活動?
・子供のうちは、やらないもの?

生まれた地域により、そのチャンスに巡り会えない、チャンスの到来がだいぶ遅くなってしまう。
できることなら、地域によるチャンスの格差が無ければいいなと思います。

現在、上山市内では多くの子供たちがサッカーやバスケットボールをスポ少年の活動で楽しんでいるのを見かけます。
合奏音楽におても、子供たちが楽しめる「環境」さえあれば、きっと、やってみたい子供たちはいるはずです。

それならば、
地元上山で長らく吹奏楽団などのアマチュア音楽活動をやらせていただいてきた私たちが、そのノウハウをもって、子供たちに「合奏音楽の環境」を創り出していきたい、と思うのは、主宰者にとって、まったく自然な強い思いです。

その思いをカタチにさせていただいたのが、「上山ユースバンド(上山少年少女ブラスバンド)」です。

 
山形県上山市牧野地区より蔵王を望む(早春)
 
上山市宮生地区公民館からの眺望(盛夏)


ブラスバンドという音楽活動

「ブラスバンド」というジャンルにもいろいろなカタチがありますが、その中のひとつとして、英国で生まれ、約160年前から始まった「コンテスト」活動の中で、人数や使用する楽器の決まりなどを設け、標準化が図られてきた演奏活動、演奏形態があります。

上山ユースバンドが紹介する、上山ユースバンドが目指す演奏形態は、まさに「それ」であり、上山ユースバンドでは、「それ」を「英国式ブラスバンド」または、「ブラスバンド」と呼んでいます。

   

本場英国では、非常に多くのアマチュアのブラスバンド団地が活動しており、地域に根差したその活動は、子供たちにブラスバンドの活動を提供する「ユースバンド」の体制も整っていると聞きます。

また、地域に根差したそれらのブラスバンド活動の中には、ひとつの団体の中で、子供から年配者までが一緒になって演奏を行っている運営形態も数多くあると聞きます。

このように子供から年配者までが、ひとつのバンドで常に一緒に演奏活動をしている、というのは、日本で盛んな「吹奏楽」の運営では、ほとんど例がないように感じています。


<参考>
日英におけるユースバンドの役割
河野一之氏(チューバ奏者&指揮者)のホームページより


次世代につなぐブラスバンドの楽しさ!山形県上山市より!

地元、山形県上山市で、社会人吹奏楽団などアマチュア音楽活動をさせていただいてきた中、この「ブラスバンド」という活動には、音楽的な魅力とともに、システム的に納得のいく多くのものを感じます。そんな「ブラスバンド」とう活動を多くのかたに知っていただきたい。
その「思い」を、「上山ユースバンドが紹介する英国式ブラスバンド」という「カタチ(システム)」にして、推進するのが、「パステルブラスバンド」です。

 
2018年11月撮影
 
パステルブラスバンドバナー
 
上山ユースバンドバナー

「上山ユースバンド」の立ち上げの思い!
「パステルブラスバンド」のシステム!

このふたつは、本場英国の地域に根差した町のブラスバンドのように、子供から年配者までが一緒に演奏活動を楽しむ!ことを、地元上山で展開していくカタチになりました。

“次世代につなぐブラスバンドの楽しさ!山形県上山市より!”

 
初心者向け金管楽器体験ワークショップ
「コルネットを吹いてみよう!」
 
英国式ブラスバンド体験ワークショップ
「ブラスバンドを楽しもう!」

 
知識としてのブラスバンド
「バンズマン認定試験」
 
上山ユースバンド
「合奏練習システム」

少しずつですが、地域の皆さんのご理解やご協力をいただきながら、活動させていただきたいと思います。
皆様のご声援をお願いいたします。

上山ユースバンド事務局

〒999-3231
山形県上山市石堂6-50-4

FAX 023-672-4711(自動応答)
お問い合わせフォーム